CONTENTS
トップページ
代表挨拶
花道会ご案内
塚田圭一の歌舞伎瓦版
花道会セミナー
会員のお申込み
塚田圭一の歌舞伎瓦版
このページでは、イヤホンガイドでもお馴染み、花道会代表の塚田圭一が執筆した最新記事を掲載します。歌舞伎の旬の話題から、観るためにヒントなどが満載です。過去の記事も御覧になれますので、ぜひ参考にしてください。
江戸の荒事と上方の和事
 歌舞伎には「江戸の荒事」「上方の和事」と言われる対極的な演技があります。
 歌舞伎の歴史は、慶長8年(1603年)に、出雲大社の巫女と言われる出雲阿国が、京で“かぶき踊り”を舞ったことが始まりとされています。
 それから「遊女歌舞伎」「若衆かぶき」「野郎かぶき」と変遷していきますが、いずれも今でいう“レビュー”みたいなもので、お芝居とは言えないものでした。
 現在上演されているような形に定着したのは元禄期(1688〜1704年)以降のことです。
 江戸には市川團十郎、上方には坂田藤十郎という名優が出現し、作者も近松門左衛門、音楽も竹本義太夫等々、各分野に優秀な才能が頭角を現してきました。
 当然のことながら、上方では上方の観客に喜ばれるようなお芝居、江戸では江戸っ子向きのお芝居が作られていきました。
 現代とは違い交通も不便、電話もない時代のことですから、交流が少なく、上方と江戸にはおのおのの土地の特色が強くあり、はっきりと分かれていました。江戸はいわば新興の開拓地、地方から流れ込んできた男性が多かったわけですから、がさつで気の荒い気質の人が多い。そこで好まれたのが「荒事」です。
 歌舞伎十八番に入っている「暫」「矢の根」などもそうですが、筋も単純なものが多く、主人公は隈取をした勇壮活発な人物で、悪者たちをばったばったとやっつけてしまう。いわば稚気に溢れたスーパーマンばかりです。
 それに対し上方は、綿々と続いている文化都市。「和事」が好まれました。俗に“つっころばし”と呼ばれていますが、突けば転びそうな和らかい、弱々しい、一見阿呆のような主人公が多いのです。
 4月の歌舞伎座夜の部では、たまたま上方狂言の人気作「曽根崎心中」「廓文章」が二作上演されます。「和事」の味を、この機会に味わってみてはいかがでしょうか。
2009/03 聖教新聞掲載
過去の執筆記事
今の時代の人々の心を捉える
2009/06
由緒ある名跡を引き継ぐ襲名
2009/05
他に類を見ない化粧法、「隈取り」
2009/04
江戸の荒事と上方の和事
2009/03
時代物、世話物、所作事、新作歌舞伎
2009/02/10
七五調の名ぜりふ
2009/01/2
初春気分が味わえる
「寿曽我対面」と「鏡獅子」

2000/12/11
感性で楽しんで観る
2008/11/20
Copyright © 2009 Hanamichikai All Rights Reserved